離婚、死別とお墓

離婚率が上昇している昨今、離婚後のお墓をどう扱うのかについても学んでおくことをお勧めします。通常、離婚すれば、元の家系のお墓に入ることはありません。但し子どもたちにとっては両親ともに親であるわけですから、両家の墓を継承する可能性があります。

仮に元夫の墓を子どもに継いでほしくない場合、両家で話し合う必要があります。離婚した後再婚すれば、さらに話はややこしくなりますが、面倒であれば新しくお墓を建てることも可能です。では夫と死別した後に再婚した場合はどうでしょうか。夫の家のお墓を継承していれば、大変なことになります。何故なら、亡くなった夫が眠る墓に、新しい夫も入ることになってしまうからです。当然ながら亡くなった夫の親類は不快に感じるでしょうから、よく相談しなければなりません。

これは単に倫理的にそう言うのではなく、民法でも定められているのです。考えられる解決策としては、再婚を機に継承権を放棄することが考えられますが、継承権を子どもに譲ることも選択肢となり得ます。いずれにしても相手の家の許しを得なければなりません。さて、お墓を巡るややこしいケースをもう一つ考えてみましょう。

再婚した夫婦がそれぞれ子持ちだった場合、お墓の扱いはどうなるのでしょうか。この場合も基本的には話し合いで合意を見出す他ありません。子どもが小さい時は難しいでしょうが、ある程度の年齢に達すると、理解してもらうために丁寧な説明が必要になります。家族関係を壊さないためにも、霊園の規則とは異なるレベルで合意を取り付けることが大切です。

申し込み方法

一般的には、霊園などを申し込む際には、最近では、郵送の申込みよりも、インターネットでの申し込みをする場合が多い、という風に言われています。この際にも事前にあらかじめ申し込みの登録などをしておくことで、予約をかけておく必要がある場合も多いという風に言われています。そして、恒例の墓地であれば、地方自治体の市役所や役場などに行って抽選を行い、当選した場合のみ墓地を利用することができるという形式を取っている場合が多いという風に、公開の抽選会であるため、平等に機会が与えられているという点も、忘れてはならないところであるというふうに考えられるでしょう。その結果としても、当選することができたならば、次の手続きとして様々な書類審査を行ったり、使用するための申請書の提出を行ったりして、審査が無事に通過することができたならば、やっと、お墓を手に入れることができる、という運びとなるわけです。期限内にきちんと料金を支払わなければならない、という点も含めて、公的な機関が行っているお墓であるということを忘れてはならないという風に言えるかもしれません。このようにして、全ての手順をきちんとクリアしなければお墓を利用することができなかったり、納骨をすることができなかったりする場合も、しばしばあるということを忘れてはならないという風に言えるかもしれません。ある自治体では、使用が許可された日から、納骨をするまでに3年以上が経過している場合には、利用許可が取り消されてしまうというようなケースもしばしばあるというふうに聞いたような気がしますから、あらかじめ該当する自治体などに確認をしておく事もお勧めだと言えそうです。

近現代の日本と墓地文化

日本のお墓の文化は大きな変化を見せていると言えます。実際、一昔前までは土葬が主流であったわけですから、海外よりも急激に変化しているとも言えるでしょう。外国人にとって不思議なのは、その変化に柔軟に対応している点です。例えば檀家の文化を重視している寺院を除いて、ほとんどの寺院と民間霊園は基本的に墓地の購入を希望する人の宗派を問いません。一言で言えば、日本のお墓は見かけほど仏教色が強くないのです。それでもきちんと成立しているわけですから、宗教が当たり前のものとして存在している海外からやってきた外国人の目には、不思議な現象として映るのです。特にキリスト教徒の墓が和風墓石の横に位置しているのは、目を疑う光景なのだそうです。外国人が驚くのはそれに留まりません。伝統を大切にする国でありながら、非常にポップなお墓が広まりつつあるのも、彼らにとっては面白い事象なのです。では単なる好奇心と峻別する意味で、日本のお墓について外国人が高く評価している点はどこにあるのでしょうか。彼らがよく挙げるのが、非常にコンパクトなお墓が整然と並んでいる様です。海外では棺のまま埋葬することもありますから、基本的に一つ一つのお墓の面積は日本のそれの何倍にもなります。また火葬を評価する外国人も少なくありません。火葬は衛生面で優れた方法と言えるため、日本の真似をする国も出始めているくらいです。ただ日本のお墓が清潔なのは火葬だけが原因ではないことを彼らはよく知っているため、それも含めて日本に敬意を抱いている人がいるのです。日本の霊園は自然豊かなところも多く、例えば青山霊園のようにお花見の出来るところもあります。

供養のバリエーション

散骨などの「自然葬」というものについては、基本的に自由であり、法的な制限がないため、どこに散骨をしたところで違法にはならないと考えられるでしょう。しかし、社会的マナーを考えておかなければ、いくら思い出が詰まっている場所とは言え、人が多い場所などに散骨をしてしまっては大迷惑と言えるでしょう。とくに、気をつけるべきは海でしょう。海への散骨というのは人気があり、一見気軽そうに思われますが、本来であれば、海岸から離れた場所で行なうことを基本としているようです。散骨は遺族が勝手に判断していいと思われがちですが、実情は、きちんと業者に相談してから散骨場所を選ぶことになるようです。また、遺骨のすべてを撒いてしまうのではなく、一部だけ散骨し、残りはお墓に納骨するといった場合もあるようです。また、お墓がないといった場合や、いつも身近に感じていたいといった場合などには、遺骨の一部をネックレスやストラップなどに入れて身につけておく「手元供養」というのも近年注目を集めているようです。持ち歩くのが怖い場合は、遺骨を入れて自宅に置く小型仏壇スタイルのものもあると言われているようです。公園墓地、霊園、納骨堂、自然葬など、様々な供養のスタイルを選べるようになった今、一番大切にしたいのは「故人のことを想う」気持ちではないでしょうか。故人の希望がある場合、出来るだけその希望に近い形での供養を行えるのが望ましいのではないでしょうか。ただし、お墓を買うにせよ、散骨などの自然葬を選ぶにせよ、後々のトラブルを防ぐためにも、家族間でよく相談し合って決めることができれば良いのではないでしょうか。故人も家族も納得の供養ができると良いですね。

お墓のスタイル

お墓というものは、イメージ通り「子孫へと引き継ぐもの」というのが基本とされています。しかし、近年では継承しないタイプのお墓というのも増えてきているようです。これは、現代ならではのスタイルと言え「永代供養墓」と呼ばれているようです。お墓の種類というのは「承継墓」と「永代供養墓」の2つのタイプに分類できるでしょう。「承継墓」というのは、従来のイメージ通りのお墓の基本スタイルと言えるでしょう。親のお墓を長男が代々引き継いでいくというスタイルのもので、長男以外は、家族ごとに新たなお墓を購入し、そのお墓は自分の長男へと継承していくといったように続いていくものとされているようです。基本は長男が継承することになっているようですが、それ以外の子どもが継承しても問題はなく、近年では子の中の誰か1人が継承するという風になってきているようです。「永代供養墓」というのは、継承することなく、管理者が半永久的に供養を行っていくスタイルのものを呼ぶようです。また、都市部などでは、墓地価格が高く、予算を考慮した結果、交通の便が悪い郊外の墓地を購入することが多区なってしまいがちなことから、遺骨を納めるカロートを共有して埋葬するといった「合葬墓」というものが受け入れられているようです。これは、永代供養墓の一種とされておりますが、期限付きである場所が多いため注意が必要と言えるでしょう。一般的には、弔い上げの三十三回忌まで供養を行なってくれるとされています。公園墓地や霊園、納骨堂など、お墓の選択肢は多くなっているため、出来るだけ多くの可能性を検討した上で購入できるのが望ましいと言えるのではないでしょうか。

墓地購入の鍵

墓地を購入するにあたり、一番心がけるべきは、何と言っても事前の情報収集と言えるのではないでしょうか。自身の家族やお墓のスタイルに宗教や宗派の制限はあるかということや、埋葬できる親族の範囲はどこまでかということ、永代使用料はいくらかということ、管理費の金額と支払い方法などはどうするかということ、使用権は将来的に相続できるかどうかということのほか、取り消し条件なども確認しておくべきでしょう。また、お墓のスタイルとしても、公園墓地、霊園、納骨堂などと様々あるため、どれが一番理想に近いかということも検討項目として考えておくと良いのではないでしょうか。ある程度情報を集め、比較検討し、条件に合うものを絞った後は、実際にその場所に行って必ず確認しておくことも大切でしょう。下見をすることによって、家からの交通費と所要時間や、電車やバスの本数などの細かい交通の利便性などを確認できるほか、その土地で起こりうる災害の可能性を検討したり、写真などでは知ることができなかった周辺の環境などを確かめることができるでしょう。また、敷地内の清掃はきちんと行われているかという点や、お墓を建てたい場所の日あたりや風通しの確認、駐車場やトイレの有無、掃除用具などの貸し出しはあるかどうか、水道は使える状態かといった点まで確認できると、後々のお墓参りの時までのシュミレーションも可能になるのではないでしょうか。墓地の購入という経験は、誰もがする経験ではなく、特殊であるとも言えるため、経験者から話を聞くなどして参考にしてみるのも良いでしょう。出来るだけ多くの情報を集め、最大限に活用し、理想の墓地を購入できるのが望ましいでしょう。

葬儀費用

そもそも葬儀自体を遺族側として経験するということは人生の中でそうあることではないと言えるのではないでしょうか。各種手続きと通夜、葬儀などへの流れは知識があったとしても、それらの費用がどれくらいかかるのか、またどのタイミングで誰に支払うべきなのかということは一般常識的に知っているというものではないでしょう。葬儀の費用というのは、葬儀終了後すぐに世話役から事務手続きを引き継ぎ、支払うというタイミングが一般的と言われているようです。火葬後、精進落としまでが終わったら、世話役をお願いしていた人から葬儀の事務手続きを引き継ぎましょう。引き継ぎが必要な項目としては、香典や香典帳、参列者の名刺や芳名帳、弔辞、弔電、供物の記録帳、出納帳や領収書、請求書、残金などといった細々したものとなるでしょう。お金に関することなので、出来るだけ他の人の目の届かないような別室を用意して行な右葉にすると良いでしょう。また、後日トラブルが起きないようにするため、一つ一つその場で必ず確認していくことが重要と言えるでしょう。さらにこのタイミングで世話役に立てかえてもらっっていたお金などがある場合は支払いをしておくと良いでしょう。葬儀費用というのは、大きく分けて3つあるとされています。ひとつは葬儀会社への支払いでしょう。葬儀後に請求書を渡されるか、郵送されてくるのが一般的です。2つめは宗教者や世話役への謝礼でしょう。あいさつ回りのときか、通夜や葬儀当日に手渡すと良いでしょう。3つめは通夜ぶるまいや精進落としにおける飲食代でしょう。近年では省略している遺族も多いため、よく相談して葬儀スタイルを選ぶと良いでしょう。葬儀費用というのは、地域やランクによっても差はあるようですが、費用をどう準備するか前もって考えておくと良いでしょう。お墓も同様です。墓地か霊園か、納骨堂か、様々な選択肢はありますが、希望と現実を考えながら、ぴったりのものを選べると良いのではないでしょうか。

遺族の立ち居振る舞い

人生の中で、そうそう「お葬式」というのは頻繁に経験するものではないでしょう。そのため、ほとんどの人が遺族側に立った時、多くの悩みを抱えてしまうのではないでしょうか。一般的に挙げられる悩みとして「お焼香」が挙げられるでしょう。お焼香は、僧侶に続き、喪主から血縁関係の深い順に行なっていくと言われています。祭垣の前で僧侶に黙礼をしてから始めましょう。右手の3本の指で抹香をつまみ、お辞儀をしながら目の高さまで’持っていきます。その後、抹香を香炉に落とし、合掌をして故人の冥福を祈ります。それから弔問者に黙礼をし、席に戻流というのが一般的な「お焼香」の作法と言えるでしょう。これは、墓地や霊園、納骨堂などを選ぶのと同様、宗派によって若干の作法が異なるため、葬儀会社と僧侶との打ち合わせの際に、しっかり確認をしておくと良いでしょう。また、意外と間違った知識が多いのが、遺族の服装でしょう。男性は、白シャツに黒いスーツとネクタイが一般的でしょう。ベルトや靴下も出来るだけ黒を用意します。女性の場合では、既婚、未婚関係なく、黒喪服といわれる紋つきの黒無地の着物を着用するのが正しい姿と言えるでしょう。帯や帯揚げ、帯締め、草履、バッグまで黒で統一し、襟祥や足袋は白をつけるのが一般的でしょう。洋服の場合は、黒無地のワンピースかアンサンブル、ツーピースを着用し、同じく黒無地のストッキンクとパンプスを揃えると良いでしょう。よく、なければ「黒い服」を着れば大丈夫と思っている若い方も見受けられますが、故人を見送るにも、弔問客を迎えるにも、出来るだけレンタルでも良いので葬儀の正装で臨むようにするべきではないでしょうか。

エンバーミング

交通事故や事件などでは、遺体の損傷が酷いということも避けては通れない事実であると言えるでしょう。このように、遺体の状態が良くないといった場合や、訳あって遺体を遠くに運ばなければならない場合、長期保存をしなければならないといった場合に、遺体を消毒し保存処理や修復処理を施すことを「エンバーミング」と呼んでいるようです。これは専門の技術者によって行なわれるとされるもので、腐敗や感染症などの進行を防ぐといった効果が期待できると言われているようです。修復も行なってくれるため、遺体を出来るだけ美しい状態で見送りたいといった場合に依頼する人も増えているようです。このような処置は、多くは自宅以外で亡くなった方へ施すことが多いとされています。自宅で療養中の病人の容体が急変した場合、かかりつけの医師にすぐ連絡して死亡を確認してもらい、死亡診断書を作成してもらうというのが一般的な流れでしょう。自殺や突然死といった場合などは、すぐに警察に来てもらい、死因を究明してもらわなければならないでしょう。この時、気をつけなければならないのは、いくら家族といえども、検案を終えるまで故人に触れてはいけないということでしょう。このような場合、発見が遅れる場合などもあるため、エンバーミングといった技術が利用されることも多くなっているようです。事故の場合も同様であり、さらに損傷といった点では事故の方が激しいことも多く、より多くエンバーミングの技術が利用されていると言えるのではないでしょうか。墓地などには影響しないため、火葬式だけで済ませるといった場合には、人目に触れることもないため、考えなくても良いかもしれません。

変死や臓器提供というケース

いわゆる一般的でない亡くなり方も、稀にあるということも考えておきましょう。病死や自然死というものが一般的ではありますが、それ以外の亡くなり方の場合、すべて「変死」として扱われることになるでしょう。変死の場合には手続きが少し変わってくるため、注意が必要かもしれません。「変死」は、病死や自然死でないことから、死因が特定できない状態にあるため、医師による死亡診断が発行できないとされているようです。つまり、死亡が犯罪などによる可能性がある場合のことを指しているとされます。かといって、事件や事故だけとは言えず、自宅でも多いのも事実と言えるでしょう。家で急病のため亡くなっていた場合も「変死」となるようです。この場合、医師が直接みとっていないということから死因を確定できないという風に判断されるということです。そのため、警察を呼び、「検案」と呼ばれる、監察医が死亡状況や死因などの確認を行ない、一般的な場合、医師が発行する死亡診断書と同じ働きをする「検案書」を作成してくれるようです。変死の場合には、病死や自然死とは違い、警察から許可が出るまで遺体を搬送したり、火葬を行ったりということはできないようになっているようです。また、故人が臓器提供を希望しているといった場合には、臓器提供の意思を表示したカードを持っているでしょう。このカードは、提供できる各臓器についての意思が示されているようで、脳死以外での臓器提供について本人の希望が書かれたものと言えるでしょう。脳死の場合は本人の意思だけでは行えないため、家族の同意も必要になってくるとされていますが、出来るだけ故人の意思を尊重してあげることを考えると良いのではないでしょうか。また、献体としての提供も本人の意思と家族の同意が必要とされています。献体の場合は、遺体が遺族に返されるのに3年程かかってしまうため、お墓の準備などには時間がかかってしまうかもしれません。