納骨堂のメリット、デメリット

最近増えていると言われる納骨堂にもメリットとデメリットがあります。真っ先に思いつくメリットは、やはり費用を抑えられる点でしょう。しかし最近は納骨堂の運営、サービスが多様化していることもあり、中には墓石型のお墓と変わらないくらいの費用が発生するところもあります。その他のメリットとしては、継承者の維持管理が楽であることが挙げられます。墓石型の墓であれば墓石を磨いたり、周囲の草むしりをしたりするのは欠かせませんが、室内で遺骨を保管する納骨堂ではその必要がありません。またこれと関連するのが立地の良さです。わざわざ郊外の墓地まで出かけなくても、住居地の近くのビルで管理してもらえます。さらにいざという時、改葬し易いのも隠されたメリットでしょう。墓石型のお墓から遺骨を移転させる場合、相当の手間と費用が掛かりますが、納骨堂であれば書類の提出だけで済ませることが出来ます。ではこうしたメリットに対し、納骨堂のデメリットとは何でしょうか。1つはお墓に付き物である線香を手向けることが出来ない点です。室内管理する以上、火気の元である線香は禁じられているのです。また簡単なお菓子でさえ供えられないところもあるようですから、気になる人は調べてみましょう。デメリットの2つ目は、参拝場所が狭いという点です。参拝スペースが共同であることも多く、プライバシーを保てないのが気になる人もいるでしょう。狭いということは混み合う可能性もあるため、お盆の時期を避ける等の配慮も求められます。3つ目のデメリットは納骨堂の雰囲気に由来するものです。墓のイメージを覆すスタイルですから、そこで故人が眠っていると実感しにくいという欠点があるのです。もちろん納骨堂を選ぶ以上、最初からこの点を気にしていない人が大半なのですが、継承者によっては年を重ねるにつれて後悔することもあるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です