喪主の代行

喪主は配偶者、長男、長女といった順で決まっていく慣習があるため、高齢の配偶者が形式的に喪主を務める一方、実際の事前相談、準備、各種手配は若い子どもが行うといったケースは珍しくありません。いわば喪主の代行なのですが、喪主が了承していれば、我々葬儀業者もその事情を汲み取り、話を進めることになります。喪主の仕事は想像以上に大変で、高齢者が無理に務めるのはお勧めできません。責任の全てを負わなければなりませんし、会葬者に挨拶したり、宗教関係者の接待の場を設けたり、会葬者の人数を把握したり、費用を算出・捻出したりするのも喪主の仕事です。若い人であっても大変ですが、肉体的に問題が無ければ、葬儀業者のアドバイスに従って行えます。因みに社葬の場合、喪主の選定がやや不規則になります。喪主自体は遺族が担いますが、葬儀委員長は社長が担うのが一般的です。場合によっては葬儀委員長を外部に委託することもあります。また故人の配偶者がおらず、故人が娘夫婦と同居していた場合は、娘の夫が喪主を務めることがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です