散骨の目的

散骨する人が増えていると言われますが、その背景は様々だと考えられます。とはいえ、お墓を作りたくない理由の筆頭はすぐに思い浮かびます。それはしがらみから自由でありたいというものです。お墓を作ると檀家としての付き合いも生まれますし、煩雑な手続きも覚悟しなければなりません。それを面倒だと感じる人が散骨を選択するのは自然な事だと言えます。もちろん費用を抑えたいと言う人もいるでしょうが、大切な故人に纏わることですから、費用だけが動機であるのは少数派でしょう。故人自身が生前に散骨を望むケースもありますが、その場合は面白い動機も散見します。例えば女性が死後に夫と同じ墓に入りたくないと考えるケースが増えているのだそうです。散骨はまた改葬先としても注目されています。一般的なお墓そ持って苦労していた人が、檀家としての付き合いに嫌気がさし、最終的に遺骨を取り出して散骨するというのがそれです。遺骨がなくなれば面倒な付き合いから解放され、自由を手に入れることが出来ると考えるわけです。では散骨の注意点としては、どのようなことが考えられるのでしょうか。よく言われることですが、散骨時に全ての遺骨を撒いてしまうと、後悔しても後の祭りです。例えば継承者が若い頃はお墓などに興味が無く、散骨で済ませることに何の躊躇いも無かったものの、年を重ねるうちに故人が恋しくなり、散骨を後悔するというケースが珍しくないのです。因みに遺骨が無くても慰霊碑を作ることはできますが、それだけでは虚しいと感じるものです。対策としては、やはり散骨時に一部の遺骨を残しておくことでしょう。ところで散骨後に法要することは不可能だと考える人もいますが、それは誤りです。寺院に依頼すれば請け負ってくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です