離婚、死別とお墓

離婚率が上昇している昨今、離婚後のお墓をどう扱うのかについても学んでおくことをお勧めします。通常、離婚すれば、元の家系のお墓に入ることはありません。但し子どもたちにとっては両親ともに親であるわけですから、両家の墓を継承する可能性があります。

仮に元夫の墓を子どもに継いでほしくない場合、両家で話し合う必要があります。離婚した後再婚すれば、さらに話はややこしくなりますが、面倒であれば新しくお墓を建てることも可能です。では夫と死別した後に再婚した場合はどうでしょうか。夫の家のお墓を継承していれば、大変なことになります。何故なら、亡くなった夫が眠る墓に、新しい夫も入ることになってしまうからです。当然ながら亡くなった夫の親類は不快に感じるでしょうから、よく相談しなければなりません。

これは単に倫理的にそう言うのではなく、民法でも定められているのです。考えられる解決策としては、再婚を機に継承権を放棄することが考えられますが、継承権を子どもに譲ることも選択肢となり得ます。いずれにしても相手の家の許しを得なければなりません。さて、お墓を巡るややこしいケースをもう一つ考えてみましょう。

再婚した夫婦がそれぞれ子持ちだった場合、お墓の扱いはどうなるのでしょうか。この場合も基本的には話し合いで合意を見出す他ありません。子どもが小さい時は難しいでしょうが、ある程度の年齢に達すると、理解してもらうために丁寧な説明が必要になります。家族関係を壊さないためにも、霊園の規則とは異なるレベルで合意を取り付けることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です