お墓のスタイル

お墓というものは、イメージ通り「子孫へと引き継ぐもの」というのが基本とされています。しかし、近年では継承しないタイプのお墓というのも増えてきているようです。これは、現代ならではのスタイルと言え「永代供養墓」と呼ばれているようです。お墓の種類というのは「承継墓」と「永代供養墓」の2つのタイプに分類できるでしょう。「承継墓」というのは、従来のイメージ通りのお墓の基本スタイルと言えるでしょう。親のお墓を長男が代々引き継いでいくというスタイルのもので、長男以外は、家族ごとに新たなお墓を購入し、そのお墓は自分の長男へと継承していくといったように続いていくものとされているようです。基本は長男が継承することになっているようですが、それ以外の子どもが継承しても問題はなく、近年では子の中の誰か1人が継承するという風になってきているようです。「永代供養墓」というのは、継承することなく、管理者が半永久的に供養を行っていくスタイルのものを呼ぶようです。また、都市部などでは、墓地価格が高く、予算を考慮した結果、交通の便が悪い郊外の墓地を購入することが多区なってしまいがちなことから、遺骨を納めるカロートを共有して埋葬するといった「合葬墓」というものが受け入れられているようです。これは、永代供養墓の一種とされておりますが、期限付きである場所が多いため注意が必要と言えるでしょう。一般的には、弔い上げの三十三回忌まで供養を行なってくれるとされています。公園墓地や霊園、納骨堂など、お墓の選択肢は多くなっているため、出来るだけ多くの可能性を検討した上で購入できるのが望ましいと言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です