墓地購入の鍵

墓地を購入するにあたり、一番心がけるべきは、何と言っても事前の情報収集と言えるのではないでしょうか。自身の家族やお墓のスタイルに宗教や宗派の制限はあるかということや、埋葬できる親族の範囲はどこまでかということ、永代使用料はいくらかということ、管理費の金額と支払い方法などはどうするかということ、使用権は将来的に相続できるかどうかということのほか、取り消し条件なども確認しておくべきでしょう。また、お墓のスタイルとしても、公園墓地、霊園、納骨堂などと様々あるため、どれが一番理想に近いかということも検討項目として考えておくと良いのではないでしょうか。ある程度情報を集め、比較検討し、条件に合うものを絞った後は、実際にその場所に行って必ず確認しておくことも大切でしょう。下見をすることによって、家からの交通費と所要時間や、電車やバスの本数などの細かい交通の利便性などを確認できるほか、その土地で起こりうる災害の可能性を検討したり、写真などでは知ることができなかった周辺の環境などを確かめることができるでしょう。また、敷地内の清掃はきちんと行われているかという点や、お墓を建てたい場所の日あたりや風通しの確認、駐車場やトイレの有無、掃除用具などの貸し出しはあるかどうか、水道は使える状態かといった点まで確認できると、後々のお墓参りの時までのシュミレーションも可能になるのではないでしょうか。墓地の購入という経験は、誰もがする経験ではなく、特殊であるとも言えるため、経験者から話を聞くなどして参考にしてみるのも良いでしょう。出来るだけ多くの情報を集め、最大限に活用し、理想の墓地を購入できるのが望ましいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です