葬儀費用

そもそも葬儀自体を遺族側として経験するということは人生の中でそうあることではないと言えるのではないでしょうか。各種手続きと通夜、葬儀などへの流れは知識があったとしても、それらの費用がどれくらいかかるのか、またどのタイミングで誰に支払うべきなのかということは一般常識的に知っているというものではないでしょう。葬儀の費用というのは、葬儀終了後すぐに世話役から事務手続きを引き継ぎ、支払うというタイミングが一般的と言われているようです。火葬後、精進落としまでが終わったら、世話役をお願いしていた人から葬儀の事務手続きを引き継ぎましょう。引き継ぎが必要な項目としては、香典や香典帳、参列者の名刺や芳名帳、弔辞、弔電、供物の記録帳、出納帳や領収書、請求書、残金などといった細々したものとなるでしょう。お金に関することなので、出来るだけ他の人の目の届かないような別室を用意して行な右葉にすると良いでしょう。また、後日トラブルが起きないようにするため、一つ一つその場で必ず確認していくことが重要と言えるでしょう。さらにこのタイミングで世話役に立てかえてもらっっていたお金などがある場合は支払いをしておくと良いでしょう。葬儀費用というのは、大きく分けて3つあるとされています。ひとつは葬儀会社への支払いでしょう。葬儀後に請求書を渡されるか、郵送されてくるのが一般的です。2つめは宗教者や世話役への謝礼でしょう。あいさつ回りのときか、通夜や葬儀当日に手渡すと良いでしょう。3つめは通夜ぶるまいや精進落としにおける飲食代でしょう。近年では省略している遺族も多いため、よく相談して葬儀スタイルを選ぶと良いでしょう。葬儀費用というのは、地域やランクによっても差はあるようですが、費用をどう準備するか前もって考えておくと良いでしょう。お墓も同様です。墓地か霊園か、納骨堂か、様々な選択肢はありますが、希望と現実を考えながら、ぴったりのものを選べると良いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です