遺族の立ち居振る舞い

人生の中で、そうそう「お葬式」というのは頻繁に経験するものではないでしょう。そのため、ほとんどの人が遺族側に立った時、多くの悩みを抱えてしまうのではないでしょうか。一般的に挙げられる悩みとして「お焼香」が挙げられるでしょう。お焼香は、僧侶に続き、喪主から血縁関係の深い順に行なっていくと言われています。祭垣の前で僧侶に黙礼をしてから始めましょう。右手の3本の指で抹香をつまみ、お辞儀をしながら目の高さまで’持っていきます。その後、抹香を香炉に落とし、合掌をして故人の冥福を祈ります。それから弔問者に黙礼をし、席に戻流というのが一般的な「お焼香」の作法と言えるでしょう。これは、墓地や霊園、納骨堂などを選ぶのと同様、宗派によって若干の作法が異なるため、葬儀会社と僧侶との打ち合わせの際に、しっかり確認をしておくと良いでしょう。また、意外と間違った知識が多いのが、遺族の服装でしょう。男性は、白シャツに黒いスーツとネクタイが一般的でしょう。ベルトや靴下も出来るだけ黒を用意します。女性の場合では、既婚、未婚関係なく、黒喪服といわれる紋つきの黒無地の着物を着用するのが正しい姿と言えるでしょう。帯や帯揚げ、帯締め、草履、バッグまで黒で統一し、襟祥や足袋は白をつけるのが一般的でしょう。洋服の場合は、黒無地のワンピースかアンサンブル、ツーピースを着用し、同じく黒無地のストッキンクとパンプスを揃えると良いでしょう。よく、なければ「黒い服」を着れば大丈夫と思っている若い方も見受けられますが、故人を見送るにも、弔問客を迎えるにも、出来るだけレンタルでも良いので葬儀の正装で臨むようにするべきではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です