エンバーミング

交通事故や事件などでは、遺体の損傷が酷いということも避けては通れない事実であると言えるでしょう。このように、遺体の状態が良くないといった場合や、訳あって遺体を遠くに運ばなければならない場合、長期保存をしなければならないといった場合に、遺体を消毒し保存処理や修復処理を施すことを「エンバーミング」と呼んでいるようです。これは専門の技術者によって行なわれるとされるもので、腐敗や感染症などの進行を防ぐといった効果が期待できると言われているようです。修復も行なってくれるため、遺体を出来るだけ美しい状態で見送りたいといった場合に依頼する人も増えているようです。このような処置は、多くは自宅以外で亡くなった方へ施すことが多いとされています。自宅で療養中の病人の容体が急変した場合、かかりつけの医師にすぐ連絡して死亡を確認してもらい、死亡診断書を作成してもらうというのが一般的な流れでしょう。自殺や突然死といった場合などは、すぐに警察に来てもらい、死因を究明してもらわなければならないでしょう。この時、気をつけなければならないのは、いくら家族といえども、検案を終えるまで故人に触れてはいけないということでしょう。このような場合、発見が遅れる場合などもあるため、エンバーミングといった技術が利用されることも多くなっているようです。事故の場合も同様であり、さらに損傷といった点では事故の方が激しいことも多く、より多くエンバーミングの技術が利用されていると言えるのではないでしょうか。墓地などには影響しないため、火葬式だけで済ませるといった場合には、人目に触れることもないため、考えなくても良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です