変死や臓器提供というケース

いわゆる一般的でない亡くなり方も、稀にあるということも考えておきましょう。病死や自然死というものが一般的ではありますが、それ以外の亡くなり方の場合、すべて「変死」として扱われることになるでしょう。変死の場合には手続きが少し変わってくるため、注意が必要かもしれません。「変死」は、病死や自然死でないことから、死因が特定できない状態にあるため、医師による死亡診断が発行できないとされているようです。つまり、死亡が犯罪などによる可能性がある場合のことを指しているとされます。かといって、事件や事故だけとは言えず、自宅でも多いのも事実と言えるでしょう。家で急病のため亡くなっていた場合も「変死」となるようです。この場合、医師が直接みとっていないということから死因を確定できないという風に判断されるということです。そのため、警察を呼び、「検案」と呼ばれる、監察医が死亡状況や死因などの確認を行ない、一般的な場合、医師が発行する死亡診断書と同じ働きをする「検案書」を作成してくれるようです。変死の場合には、病死や自然死とは違い、警察から許可が出るまで遺体を搬送したり、火葬を行ったりということはできないようになっているようです。また、故人が臓器提供を希望しているといった場合には、臓器提供の意思を表示したカードを持っているでしょう。このカードは、提供できる各臓器についての意思が示されているようで、脳死以外での臓器提供について本人の希望が書かれたものと言えるでしょう。脳死の場合は本人の意思だけでは行えないため、家族の同意も必要になってくるとされていますが、出来るだけ故人の意思を尊重してあげることを考えると良いのではないでしょうか。また、献体としての提供も本人の意思と家族の同意が必要とされています。献体の場合は、遺体が遺族に返されるのに3年程かかってしまうため、お墓の準備などには時間がかかってしまうかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です