連絡手段は何がいいの?

家族の危篤、臨終、および通夜や葬儀の連絡手段として、現代ではおおくのツールが存在するため、いったいどの手段が的確であるのか、頭を抱えてしまう人も少なくないのではないでしょうか。危篤や臨終の場合、深夜帯であったとしても、迅速に連絡することが重要となってくるため、迷わずに電話を選択することが良いのではないでしょうか。それも、明日の朝一番などという余裕を持たず、医師から宣告されてすぐに連絡することが、相手にとっても最低限のルールと言えるでしょう。死は待ってくれません。一分一秒を争う状況の場合、相手方も迅速な連絡を迷惑とは考えないのではないでしょうか。逆に遅れてしまった場合、後々「どうしてもっと早く連絡してくれなかったのか」というようなトラブルにもつながりかねません。危篤と宣告された場合には、すぐに電話での連絡をするように心がけると良いでしょう。また、臨終、通夜、葬儀の連絡は、親族の場合であれば臨終後すぐに、特に遠方にいる親族には出来るだけ早めに連絡し、通夜や葬儀の日程が決まり次第またすぐに連絡するといったような連絡をしておくと良いでしょう。そのほか、故人と親しかった方々に対しては、その親交の深さの度合いにもよりますが、通夜と葬儀の日程が決まってからでも大丈夫でしょう。この場合、手紙での告知も葬儀会社に依頼できる場合が多く、数時間で準備をしてくれるようです。携帯電話のメールなどでも大丈夫ですが、相手が確実に受け取れているかを確認できないため、手紙やメールの場合、返信期限などを決め、返信がない場合にはすぐに電話するという方法を取った方が良いかもしれません。他にも、新聞などに掲載して知らせるといった手段もあるようです。故人が有名な方であったり、大手企業での社葬といった場合に行なうことが多く、一般の連絡手段としては少し難しいかもしれません。いずれにせよ、相手との関係性を見て選ぶことが望ましいのではないでしょうか。お墓などの購入が決まっている場合には、契約している会社に連絡しておくことも忘れずに行なうと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です