様々な墓

話題になる墓として挙げられるのは、夫婦墓と呼ばれるもので、夫婦のためだけの墓が最近ブームになっているという風に言われているようです。最近では、日本でも同性愛の結婚が一部で認められるようになったり、子供を作らない夫婦というものも増えてきており、様々な夫婦の形が多様化しているということは、確実に言えるかもしれません。昔であれば子供が墓の面倒を見るなどという風にも言われた時代もあったわけですが、現在ではそのような考え方は全く古く、夫婦専用の墓も登場するので安心して死を迎えることができるということも現代的であるというふうに考えられるかもしれませんね。 子供がいない場合においては、継承する人がいなくなってしまうため、夫婦二人が亡くなった後の供養やお墓の掃除などを誰がするのかということをとにかく明確に定めておくということが重要であるということは言うまでもありませんし、友人や親戚などにそのような担当してくれそうな人がどうやら見つかりそうにないという場合には、住職やお寺などに永代供養の申し込みをしておくということも忘れずにやっておくべきことの一つであるという風に言えなくもありません。様々なお墓の形が見られる現代においては、一つに固定した考え方でお墓を決めるわけではなく自分自身が信頼できる人と相談した上で決めるべきだということは言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です