個人墓

最近では、個人の墓という呼ばれるものが、より一般的になりつつあり、一人だけのために建てられる墓のことを指しますが、当然様々な社会的理由によって誰ともお墓に入りたくないとか、妻とは同じ墓に入りたくないというふうに考えている人は多く、そのような人にとっては、うってつけのお墓であるということは確実に言えるかもしれません。残念ながらこの個人墓と呼ばれるものは、その墓を継承する人がいないというデメリットがあるため、お墓の管理や永代供養などの費用については、予め住職や担当者に払うなどという風に取り決めをきちんとしておくことが重要だという風に言えるでしょう。そして、何よりも信頼できる人を探して頼むということも重要かもしれません。自分自身がお墓に入る時にはなくなっていて、意識がないわけですから行ったりきちんと供養貸してもらえるのかどうかという不安を生前抱えながら生きていくというのは、いささか辛いものがあるということはお分かりいただけるのではないでしょうか?そして、何よりもあくまで自分自身のために供養してもらえる親戚だけではなく、自分だけのために供養がしてもらえるという点についても、賛同を得られる電話多いという風に言えるかもしれません一般的には50年ほどが経過するまでは個別に供養をしてそれ以降は供養をしないなどという風に言えると考えられているわけです最近では多くなった一人っ子同士の結婚などというケースではお墓の引き継ぎなどがとにかく難しいという風に困るケースが多く一般的にはそれぞれの家に墓を建てることになりますが一人っ子にもかかわらず二つの墓を別々に管理していくということは大変苦労がかかるものであるということは想像に難くないのではないでしょうか一般的にここで示される解決策としては二つの家族の墓を統一して一つにすることで管理をしやすくする他費用も比較的安く済むという点が挙げられるといるでしょそのような場合には両家の名前が彫られることになりこれに対して賛成が得られるようであればこのような形式を使うのも良いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です