改葬をするには

改葬をするには、まず新しい墓地を探さないといけないそうです。 墓地はお参りしやすい場所ということになるかと思います。 改葬するときに考えなければならないのは、自分が入るお墓をどうするかということだと思います。 これから移すお墓に自分も入るのか、それとも合同墓にするのかなど、お墓の形も考えなければならないと思います。 墓地を決めたら墓地と契約するそうです。 そして受入証明書、または墓地使用許可証を受け取るそうです。 建墓契約をするそうです。 公益法人などの霊園は石材所が決まっているところが多いそうなので、そういうところと契約をするそうです。 改葬許可申請書を入手します。 これには菩提寺や今あるお墓の霊園などの管理者に埋蔵証明書を発行してもらって、改葬許可申請書に署名捺印をしてもらうそうです。 「埋蔵証明書」「改葬許可申請書」「受入証明書」を用意したら、お墓のある自治体に提出して、改葬許可証を発行してもらうそうです。 御霊抜き法要を行って、遺骨を取り出すそうです。 墓地を返還する場合は、墓石を解体して更地にしなければならないそうです。 新しいお墓が完成したら開眼法要を行い、納骨するそうです。 費用は、新しい墓地の使用料と管理料、新しい墓石の建墓費用、既存のお墓の御霊抜き法要の費用、既存の墓石の修理などの費用、既存の墓地を返還するための更地にする費用、改葬事務手続きの費用、交通費などがかかるようです。 新しい墓地に新しいお墓を立てるとなると、費用も相当なものになりそうです。 手続きも大変ですし、元の菩提寺への説明や親戚たちにも納得してもらうための根回しも大変そうです。 でも、それも供養だと考えて誠心誠意頑張るしか無いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です