継承者はどうするか

現在、長男が家を継ぐとか、娘が婿をとって家を継ぐというのが当たり前という時代ではなくなったような気がします。 それとは逆に子どもたちがお墓も継ぐということがとても重荷になってきたような気がします。 娘が婿を取って家を継いでも、お墓は夫のお墓と自分の家のお墓と2つのお墓を継承することになるわけですし、孫たちがお墓の面倒を見てくれるかどうかはまったくわからないと思います。 誰もが結婚をして子どもを生むわけではないですから、お墓の継承者はいない場合もあると思います。 一般的には墓地を買うためには、お墓を継承する人がいるということが前提だったりするそうです。 ただ、この継承者がいなくてもお墓を立てることができる墓地もあるそうです。 また、継承者がいない場合は、散骨を選ぶ人も増えたそうです。また、永代供養墓を選ぶなど、お墓を立てるということにこだわらない人も多いようです。 「お墓を買う」という言葉を使いますが「お墓を買う」ことはできないそうです。 墓地として代々使用するための権利を払うということですが、これを永代使用料といいます。 この永代使用料は、墓地を手放すときに戻ってはこないそうです。 永代供養墓というのは継承者を必要としないお墓のことをいいます。 墓地の管理者が一定の期間にわたり、遺骨を管理・供養をしてくれるそうです。 お墓のことで親と話し合わなければならないことはたくさんあると思います。 生前、お墓のことを話すのを嫌がる親もいるそうですが、最近では自分たちで積極的に終活をしている場合もあるようです。 家の整理はもちろんですが、お墓は子どもたちにとても関係してくるものだと思います。 終活の話は家族で話した方がいいと思います。