宗派を問わない霊園

すごく意外な事実だと思うのですが、高野山の墓地というのは宗派を問わないそうです。 空海ゆかりの地なので、厳しく宗派をきにするかと思われがちと言えるでしょう。 費用は相場の何倍かになるようですが、お金があればあそこにお墓を持つことができるようです。 その後の維持費も他よりも高そうなので、継承する人もお金持ちであるという条件は欠かせないかもしれません。 お墓を建てようと考えている方の中には、宗派を問わない霊園を望む人も多いと思います。 キリスト教の墓地で眠っていた故人を仏教の寺院墓地に埋葬しなおすには、宗教を変えることになるそうで、住職にお経を上げてもらったりといろいろと、そのお寺で埋葬できるように手続きを踏まないといけないそうです。 お墓を守る家族の利便性を考えたり、自分が檀家になったお墓に身内を移したいと思うのはいいのですが、それを故人が望んでいないのではないかということです。 このように、亡くなってからの改宗というのは、とても大変なことと言われているようです。 また、こういった改宗は、「死んでしまえばわからない」というような教えがない限り、死後の世界もその宗教が定義した「あの世」にいるとする場合、改宗は掟を破っているような気がしてしまいます。 故人たちの宗派が違って、お墓の継承が難しい場合は、霊園に移すことも考えるべきでしょう。 一方で、お墓を選ぶのは継承する子どもたちの声を一番聞かなければならないとも思います。 お墓参りというのは供養と同じことで、お墓はあってもお参りに行けないというような距離に住んでいたのでは、ちょっと寂しいような気がします。 宗派を問わない霊園や公営墓地は、家族の中で信教が違う場合などに選ぶことができたらいいと思います。 ただ、人気のあるところは抽選になったりするので、なかなか希望通りの場所にお墓が持てないというジレンマもあるようです。