就活のしおり

墓地は自由に作れない

墓地というものは、だれでも自由に作ることができないものだそうです。 地方自治体、宗教法人、公益法人のうち、都道府県知事の許可を受けたもののみが墓地を作れるそうで、宗教法人の墓地というと、仏教でしたらお寺の境内にある墓地になるそうです。 寺院墓地と呼ぶそうです。 この寺院墓地を使うには、そのお寺の檀家になる必要があるそうです。 お墓には継承者が必要で、お墓を後々まで継いでくれる人がいなければ、無縁仏として処理されてしまうこともあるそうです。 キリスト教では、埋葬という方法が主になるかと思いますが、最近では火葬を選ぶ人も増えてきているようです。 また、家族の中でも信教が違うといった場合もあり、その場合は寺院墓地やキリスト教の墓地を選ぶよりも、宗派を問わない霊園などを選ぶといいのではないでしょうか。 墓地の中には、地方自治体が経営者となっているものもあり、こういった墓地を、公営墓地と呼びます。 一定期間、その自治体に住んでいるといった資格制限があるようですが、比較的安いということもあるのと、経営が安定しているということで、とても人気が高いそうです。 一方、公益法人が経営しているのは霊園と呼ばれており、宗派も問いませんし、墓石の形も自由だそうです。期間を決めて継承を前提としないところもあるそうです。 墓石の形は自由ですが、石材店など、指定のお店があるところが多いそうです。 契約した期間が終わると合葬したりするそうです。 最近「お墓を買う」とよく耳にしますが、お墓は墓地である土地を所有する管理者に「使用許可」をもらって、墓石を「買って」お墓を立てるということになるので、実際には「お墓を買う」という事はあり得ないと言えるでしょう。 土地は借りているものですから、継承されるのは、お墓を使用する権利と墓石ということになるでしょう。